訪問歯科診療のこだわり

基本的に、経験豊富な歯科医師と歯科衛生士による
『同じメンバー』
でお伺いします。

訪問歯科診療では、診療内容の煩雑さ、
あるいは外来診療との兼ね合いから、
アルバイト医や若手歯科医師を充てる事例がよく見受けられます。
しかし、デンタルクリニック東陽台では、 訪問歯科診療 (および介護保険)に理解が深く、
臨床経験豊富な歯科医師・歯科衛生士のペアで行っています。

それは、以下の理由のためです。
  1. 診療室で行うよりも、よりしっかりした技術・知識が求められるから 少なくとも、診療室で迅速かつ正確に対応できる技術・知識を持っていないと、居宅(あるいは施設)での診療を長引かせてご負担をかけてしまうからです。 当たり前の話ですが、診療室のように何でもそろっているわけではありません。また、ご高齢でいくつものご病気やマヒ、あるいは認知症など意思疎通が困難な事例もあります。様々なリスクがある中でも、安全・確実な仕事をするには、相応の技術・知識、そして情熱と覚悟が必要です。
  2. 決まった先生の方が、『患者さんの診療の流れ』を十分把握しているから  毎回、あるいは年度ごとに担当医師がコロコロ変わる体制では、ご本人やご家族の方、あるいはケアマネージャーや施設職員の方が不安に思われても不思議ではありません。 デンタルクリニック東陽台は、密なコミュニケーションを大切にしたいと考えています。
  3. 緊急時の対応にも長け、あるいは裁量権を持っているから  これはもっとも重要なことかもしれません。勤務医の先生でしたら、患者さんと院長、双方を気にしながら対応しなければならないので遠慮がちになり、対応が後手に回る可能性が高いです。

私たちは安全・安心の訪問歯科診療に取り組んでいます

副院長は、ケアマネージャーの資格を持っており、摂食・嚥下リハビリテーション学会や老年歯科医学会会員として常に研鑽を積んでします。

また、院長は、訪問診療や障がい者歯科にも造詣が深く、現在も福山市歯科医師会の口腔保健センターで障がい者歯科診療スタッフとして参加しています。また、福山市歯科衛生士学校の『障がい者歯科』の講義・実習も担当しています。

年間1,000件を超える出動をしており、主治医やケアマネージャーをはじめとする他職種の方々と連携を取りながら、訪問歯科診療を進めております。

まずはご相談ください。
ご本人、ご家族様、ケアマネージャーの方とよくお話したうえで
訪問歯科診療を開始するか否かを決めていただけたらと思います。
依頼用紙(PDF)
歯科往診 申込書
往診までの流れ(PDF)
歯科往診 ご依頼方法について
ご案内(PDF)
歯科往診のご案内
訪問歯科とはこんなサービスです
訪問歯科診療のこだわり
安全安心への取り組み
訪問歯科診療Q&A
申込みフォーム