滅菌について

img_0409
img_0404
img_0019
img_0366img_0240img_0363
mekkin_01
img_0015
img_0382
img_0203
img_0243
img_0376
img_0044
大切なあなたに『しっかりした治療を提供したい』『安心して診療を受けていただきたい』
そんな想いをもって、私たちデンタルクリニック東陽台は、日々の診療に当たっています

 

デンタルクリニック東陽台の衛生管理(器具滅菌・殺菌)システムのご紹介
★滅菌・・・熱・圧力・放射線などで完全に細菌を死滅させること
『自分がされるならここまできちんとしてほしい』
『自分の家族やお友達にも安心して来て頂ける医院であり続けたい』
デンタルクリニック東陽台では、よりよい安心・安全で満足できる医療を継続して提供したいと考えています。その一例が、使用する器具の「滅菌」システム。器具の滅菌(殺菌)に、力を入れております。
~こだわりの滅菌システムを紹介します~

高圧蒸気滅菌機

img0382
img0243
高い圧力と高温(135℃)で全ての細菌・ウイルスを滅菌する代表的な方法です。
時間をかけて滅菌し、さらに熱した器具を十分に冷ます時間が必要です。当院では計画的に滅菌のためのスケジュールを組んでいます。

ガス滅菌機

img0381
img0240
医療器具の中には、高熱・高圧滅菌では 壊れたり溶けたりするため、そのままでは滅菌できないものがあります。
デンタルクリニック東陽台では、このような器具に対しては、ガス滅菌機を使用してより質の高い滅菌処理をしています。

器具の包装(パッキング)

① 患者様ごとに診療基本セットを準備しています。

img0237
基本セットとは、ほぼすべての治療に共通した使用器具のことで、歯科用ミラー・探針・ピンセット・水を吸う器具(バキューム)等からなります。 デンタルクリニック東陽台では、患者様ごとに個別包装してご用意しています。

② こだわりの器具滅菌

img0238
使用する器具は、治療内容によって異なります。歯科の治療全体では、500~800種類にわたる器具を用意する必要があります。
 用途別、大きさ、グループ別あるいは個別に滅菌袋に入れて滅菌し、使う直前に開封します。

③ ドリル類の滅菌を徹底しています

img0239
歯を削るためには、ドリルと呼ばれるものを使用します。
ドリルは歯を削る部分と手で握る部分からなります。
握る部分の一部はお口の中に入ります。
削った後には器具の各所に、削りかす・唾液・血液などが付着します。一般的にはアルコールで拭く、あるいは薬液につけるなどの方法がとられます。 デンタルクリニック東陽台では、ドリル類は全て患者様ごと滅菌処理したものを使用します。 「より安心・安全の医療」を求める治療方針に従い、さらにハイレベルの滅菌を実践しています。

④ 紙コップ・エプロン・手袋などは使い捨て

img0384
患者様ごとに手袋、エプロン、コップは、使い捨てとしています。 歯ブラシも患者様にお持ちいただくか、使い捨ての歯ブラシを使用します。 もちろん、注射針・縫合針・麻酔薬・メスも全て使い捨てです。
img0039
ゴミに関しては、産業物処理法に従い適切な処理を依頼し、処理状況(マニフェスト)を適切に管理しています。 また、毎年年次報告を福山市の関係機関に報告しています。

⑤ 患者様が座られてからドリル類を装着

img0409
今まで述べたことを、日々の診療の中で確かめていただける方法があります。
それは、「あなたの目の前で包装を開封していること」。ドリル類は全て患者様が席についてから装着しています。
バー類も、使う直前に滅菌袋から取り出し使用しています。衛生面が特に気になる人でも、安心ですね!

⑥ 患者様ごとに椅子や机をアルコール消毒液で拭いています

img0044
治療が終わった後は、椅子や机、その周りの器具も アルコールで拭掃し、クリーンな状態で次の患者様をお迎えしています。
治療で使うガーゼや綿も、毎日滅菌して使用しています。

おまけ♥♥ その1

ここで私たちが普段やっている滅菌の流れをご紹介します!♪
むし歯を治すときに、よくみかける
黄色い器具(歯を削る道具なのです★)
この黄色い器具は、どんな流れで滅菌されているのでしょう!
img0044
img0350
「お疲れ様でした!」患者様がお帰りになります。 黄色い器具は、消毒室へとせっせと運ばれていきます。
img0013
② 洗浄・水洗の後に、超音波洗浄機で、細かい汚れを取り除きます。(5分くらいかかります)
img0013
img0346
③  水気を拭きとり、さらに風をかけて細かい所もしっかり乾かします。ガスが隅々まで触れるようにします。
④ 水分がなくなったら、滅菌袋に入れます。(大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいい大きさの滅菌袋に入れています!) きちんと滅菌されているか調べるチェックカードも一緒に入れて滅菌パックを閉じます。
img0358
img0019
img0362
⑤ ガス滅菌機で滅菌をします(滅菌する時間は、2時間半もかかります!)
img0362
⑥ 2時間半後・・・滅菌が終わったので、保管場所へと戻します
img0362
img0364
完全に滅菌処理が終わった器具で、また次の虫歯の治療を衛生的に行うことができるのです!
 器具の種類や用途を熟知しているのはもちろんのこと、適切な梱包袋や滅菌方法の選択、保管方法まできちんと覚えておく必要があります。  新人スタッフがまず覚えること、それはこれらの器具の種類と用途を1つ1つ覚えることです。(いっぱい勉強します)  スタッフ研修も適宜行い、安全衛生面でも質の向上に努めています。
ということで、
【事前予約のお願い】 ご協力よろしくお願いします。
 より安心・安全な治療を継続的に維持するため、感染予防対策に取り組んでいるため、治療内容によっては1日に治療できる患者さんの数は限られます。そう、あなたの治療内容に合わせた、清潔な器具を用意する必要があるからです。
したがって、デンタルクリニック東陽台では「予約制」とさせて頂いております。
きちんとした対応をしたいから、より確かな仕事がしたいから、あなたの健康のために、事前連絡にご協力ください!

おまけ♥♥ その2

病院や公民館などを訪れたとき、古~いスリッパを履く事をためらった経験はございませんか?
また、最近は土足で入れる医院が増えてきました。
人の履いた履物を…あるいはいちいち靴を履いたり脱いだりするのも… という声に配慮した対応とも聞いております。
しかし、泥や汚れをつけたまま、治療室という「プチ手術(オペ)ルーム」に 入ってもらうのもどうか、という考えもあります。
雑菌が舞うかもしれない所で、お口の中の処置をするのは、衛生面では望ましい姿とは言えないかもしれません。
 デンタルクリニック東陽台では、これらの思いを反映するために、以下の取り組みを行っています。

 

①医療機関として、衛生面重視の方針を取っています。
 身体等に障害をお持ちの方(履物の着脱が困難な場合や、着脱により転倒の危険性が予想される場合)を除いては、土足での入室をご遠慮いただいております。

 

②使用するスリッパはできるだけ衛生的な状態でご用意しております。
 使用後のスリッパはアルコール消毒紫外線照射による2段階殺菌を行っております。
患者さんにより気持ちよくお越しいただけるための、デンタルクリニック東陽台ならではの衛生管理です。
img0366
診療終了後、帰り際にスリッパを、スリッパ入れ横の「回収ボックス」に入れていただいております。その理由は…?
img0376
実は、午前・午後の診療終了時に、一足一足、スリッパをアルコール布で拭いて消毒をしているのです。 さらに…
img0011
デンタルクリニック東陽台のスリッパは、紫外線照射による殺菌を行っています。 ここで、スリッパの向きで「おやっ?」と思うことが・・・
img0203
スリッパ内にも殺菌光が届くように、と通常とは逆さまに並べているのです。 殺菌灯による殺菌効果は、基本的に照射した場所にしか効果を発揮できません。ですから、奥まで光が届いていることが重要なのです。 女性スタッフが多い職場ならではの、きめ細やかな配慮です。 ・
img_sr
とはいえ、長年使っていると、残念ながら、汚れてきます。     デンタルクリニック東陽台では、半年をめどに、スリッパ  を交換しています。
img0201
あなたの健康を守る拠点としてあるべき姿を、細かなとこ ろから、具体的に示していこう、という基 本方針に従って、できる限りの配慮に努めています。
……ということで、来院される方、ご家族ぐるみで来院される日で混み合った時に、時々スリッパが切れてしまうのはそんなわけなのです! ご迷惑をおかけすることもございますが、なにとぞご理解のほど、よろしくお願いします。 なお、それでも気になる方もたしかにいらっしゃいます。その場合は、マイスリッパの持参OKです。