訪問歯科診療 Q&A

デンタルクリニック東陽台の訪問歯科診療Q&Aです。
ご参考になさってください。

Q. 対象となる方は?
A. 法制度の関係で、訪問歯科診療は一定の条件を満たした場合に実施できます。
  1) お住まいの地域
    福山市東部・中心部(芦田川より以東、新涯町より以北)・福山市北部(神辺以南)および笠岡市にお住まいの方
  2) 体の状態など
    寝たきりなどで通院が難しい方
    ご病気、マヒ等で自力通院が困難な方、あるいは家族の介助が必要な方
    虚弱あるいは転倒の可能性が高く、外出を制限する指示を主治医が出している場合
    入院中で外出できない状態で、歯や入れ歯等の問題が生じた場合。
(歯科のない『病院』かつ主治医が病院内での訪問歯科診療を許可した場合に限ります。)
(「通院のための交通手段がないから」という理由では、制度上、訪問歯科診療ができないことになっております。ご理解のほど、よろしくお願いします。)
  (該当するかどうか迷う場合は、お気軽にご相談ください)
  3) 住まわれている場所
    ご自宅(居宅)
    特別養護老人ホーム、ナーシングホーム、ケアハウスなどの施設に常時住まわれている方(居住系の介護施設内)
(デイサービス等、『訪れている所』での診療はできません。
いわゆる『住んでいる所』で行う診療、それが訪問歯科診療です。
制度上、ご理解いただけたらと思います。)
    入院中の方で、歯科や口腔外科などが院内にない病院
(福山市民病院、中国中央病院、日本鋼管福山病院は歯科があるため、該当しません)
Q. いつ来れるの?
A. 診療は基本的に週1回、同じ曜日・時間です(急性期の場合は週に複数回です)。患者様やご家族様のご都合をお聞かせいただいた上で決定します。

現在は、月曜日午後(14:30~17:00)、火~木の午前(9:30~12:30) ・午後(14:30~17:00)を中心に実施しています(予約制)。急変した場合は、調整の上、訪問させていただいております。金曜日はご要望がございましたら、実施をすることもございます。(金曜は院長が講義や出張等のため、訪問歯科診療ができない場合があります)

なお、土・日は現時点では訪問診療を行っておりません。
   
Q. いくらかかるの?
A. 訪問診療はすべての保険および受給者証(生活保護も含む)などによる助成が適用されます。通常は1割負担のことが多いです。

例えば、福山市で、お持ちの保険証に加えて公的補助(障害者に対する補助など)も使える場合、同月で月4回までが200円/回、5回目以降は無料です(平成25年6月現在)。

また、介護保険制度に基づく、療養指導やお口のケアの場合は1割負担(1回数百円程度)です。
       
Q. お車代は必要ですか。
A. 不要です。保険診療および介護保険に基づく治療・療養指導費以外の交通費や謝礼等は一切頂きません。お心遣いはありがたいですが、お断りさせていただきます。
       
Q. どこで診療するの?
A. ご自宅、居住系の介護施設または(歯科のない)病院内です。患者様のお体の状態に合わせ、無理やご負担がかからないよう診療させていただきます。椅子に掛けて、ベッドサイドで、あるいはベッド上でと様々です。
       
Q. 往診までの流れは?
A. 以下のようになります。
  1. (ご本人様・ご家族様・ケアマネージャー様 等)FAX・電話でお申し込み
  2. 当院スタッフが折り返し、訪問日の調整のためのお電話をさしあげます。
できれば初回はケアマネージャー様が同伴された方が安心できます。
  3. 第1回目の訪問歯科診療を開始(ここより通常の診療開始・費用が発生します) 治療の継続に関しては、お口の状況について説明を受けられた後にご判断頂いて結構です。
まずはFAX・お電話下さい
お申込み FAX:(084)947-3409
      電話: (084)947-3410
できればケアマネージャーの方の都合を予めお聞きいただけるとありがたいです。
(理由はこちら→
       
Q. 必ず治療を開始しないといけないですか?
A. 病状や治療の方向性などについて、歯科医師からご説明いたします。ご納得いただけた場合は治療を開始ないし継続します。また、ご納得いただけない場合はお電話などでお断りいただいて結構です。
       
Q. 何で初回にケアマネージャーの方が同席した方がいいの?
A. その後の療養や介護サービスの向上につながるからです。

訪問歯科診療を初めてご利用の方は、本人のみならずご家族の方も緊張されたり不安になられたりしても不思議ではありません。

デンタルクリニック東陽台では、治療に先立ってしっかりと説明し、病状や治療方針についてご家族やケアマネージャーの方にご理解していただいてから、治療を開始する、というスタンスを取っています。

日頃から信頼されてお付き合いされているケアマネージャーの方に立ち会っていただけましたら、健康状態や家庭の状況などを踏まえたアドバイスもいただけて、より安心・安全な往診ができると考えているからです。
       
Q. 介護保険は使うのですか?;
A. ご本人やご家族の方に、より適切な療養のためのアドバイスをさせていただく、とても大切な制度です(居宅療養管理指導)。健常者よりも療養・お口のケアは大変なため、健康維持のためにはより適切かつ手厚い介護指導が必要になってきます。
  また、ご本人やご家族の方へのアドバイスだけではなく、ケアマネージャーの方への報告も併せて行っております。現在の病状、治療の進行状況や今後の方向性などを、要介護者の介護計画全般を調整するケアマネージャーの方へ文書で逐次報告することで、ご本人の現状にあった、タイムリーな介護サービスを、歯科以外の職種の方も提供できるようになります。

(例えば、デイサービスでの、歯の治療中に相応しい食事の提供や、訓練・療養方法など)  なお、介護保険では、要介護度によって利用できるサービスの限度額が定められておりますが、訪問歯科診療に関わるこのサービスは、限度額に合算しなくてもよいので、他のサービスが受けられなくなる、削らないといけなくなるということはございません。

仮申込フォーム



ご連絡者のお名前(必須)
 様

連絡可能な電話番号(必須)

ご連絡希望時間(必須)

治療を希望される方のお名前
 様

性別
 男性 女性

年齢

ご住所

お困りの内容

通院が困難な理由 (交通手段が無いは不可)