ご挨拶

院長先生
院長からのメッセージ
こんにちは、デンタルクリニック東陽台 院長の大石 憲一(おおいし けんいち)です。どうぞよろしくお願いします。
~この福山市東部では初の、地元出身の歯科医師です~
1969(昭和44)年生まれ、おうし座・B型です。福山市で生まれ、2歳までは木之庄町に、それからは伊勢丘で育ちました。この福山市東部地域は私のホームグラウンドで自転車であちこち遊びに行っていた想い出があります。
院長 略歴:
昭和57年
伊勢丘小学校 卒業
昭和60年
金光学園中学校 卒業
昭和63年
金光学園高等学校 卒業
平成 7年
岡山大学歯学部 卒業
平成11年
岡山大学大学院歯学研究科 修了(博士課程)
岡山大学歯学部 文部教官助手(予防歯科学講座)
ベル歯科衛生専門学校(岡山市)非常勤講師  兼務
平成13年
滋賀県余呉町国民健康保険中之郷診療所 勤務
余呉町国民健康保険歯科診療所の開設に従事
同10月 余呉町国民健康保険歯科診療所 勤務
診療業務および町内の歯科保健活動に従事
町内の1幼稚園、3小学校、1 中学校の学校歯科医を兼務
平成18年
余呉町国民健康保険歯科診療所  退職
同6月 デンタルクリニック東陽台 開業
現在に至る
————————————————————————————-
(詳細をお知りになりたい方はこちらへ⇒
~極力「抜かない」「削らない」「痛くしない」~
歯科というと、「痛い」「こわい」「不快だ」というマイナスのイメージがあると思います。
一方で「美味しい食事をいただく」「白く輝く歯で映えるスマイルを」「家族や友人との会話やカラオケを楽しむ」 生活の様々な場面でお口の健康は重要だと考えていらっしゃる方は多数いらっしゃると思います。
私は岡山大学で予防歯科学を一番学びました。予防は他のあらゆる治療に勝ります。
日々の生活のありとあらゆるところで関わってくるお口の健康、極力不快な思いをさせることなく治すべきところを治したい。
そして、治してきれいになった歯やお口を末永く快適に保ってもらえるように、予防歯科学をはじめ様々なところで学んだあらゆる知識・技術をフル稼働して、みなさんに貢献していきたいと考えています。
治療終了後の予防・メンテナンスから本当のおつきあいが始まります
お口の健康で悩む人が福山で最も少ない地域になれば
というのが私の夢です。病気や災いでエネルギーを吸い取られる人生を送るなんてまっぴらだと思いませんか? 
自分が自分らしくいきいきとした毎日を過ごせる、そんな人生を多くの人が送れるよう、健康面でお手伝いできればと思っています。
スタッフ一同、精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。