歯周病・歯槽膿漏治療

歯を失う最大の原因は 何と「歯周病」でした!
快適な食生活を きれいな歯の美しさを
失う前に 始めませんか 歯周病治療!!
おいしいものが何でも食べられる、人と楽しく会話ができる、顔のツヤ・ハリ・美しさを保てる・・・日々の生活で見られる「ごく当たり前の風景」。でも、それを失ったとき、人は初めてその大切さに気づきます。
人とおなじ食べ物が食べられない、会話の時に歯のすき間から息が漏れてはっきりしゃべることができない、歯が無い為に口もとに”しわ”や”くぼみ”ができる。恥ずかしかったら、悲しかったり、つらかったりした思いをしている人があなたの周りにたくさんいらっしゃいませんか?
「からだの健康」「こころの健康」そして「美」
大切なものを失う前に あなたは気づくことができますか?
健康な生活を送るうえで重要な「歯の健康」。厚生労働省によると、日本人の歯は30歳では平均28本ある一方、60歳では平均20本以下です(下図)。人生80年の現代、生涯自分の歯で普通に咬めるようにと掲げられたスローガン「8020」。 でも平均寿命を20年残して、すでに達成できない方が大半です。
歯の本数が20本以下になると、咬む力が落ちる、見映えが悪い、入れ歯を使用せざるをえない、といった日常生活に支障をきたす問題が発生しやすくなるといわれています。
「20本」とは普通の生活をごく当たり前に営める「限界点」といえます(もちろん歯が少しでも多くあったほうが治療の幅が広がります)。
あなたの「歯年齢」は平均以上ですか? 自分の歯で一生普通に過ごせる本数ですか?

あなたの歯の行く末は?

年歯科疾患実態調査

  快適な食生活を守るために 始めましょう!歯周病治療!


歯周病   それはむし歯より重大な病気です
みなさんは歯を失う最も可能性の高い病気は何だと思いますか? むし歯? いえいえ、実はむし歯ではなく歯周病(歯槽のう漏)なのです。

歯を失う最大の理由は歯周病です

40歳後半から歯周病で歯を失いはじめます。50~70歳くらいまでに急速に歯を失い、そしてやがて失う歯さえなくなり、総入れ歯の道へまっしぐらとなります。

40歳代から歯周病により歯が失われやすくなります

できればそれまでに、残っている歯を何とかしたいものですね。
歯周病は静かに進行する病気
そして何も残らなかった・・・
成人のほとんどは歯を支える歯ぐきや顎骨に何らかの病気があることが知られています(厚生労働省調べ)。
歯周病とは、歯を支える顎骨と歯ぐきがやせる慢性の病気です。その初期症状として、
  1. ブラッシング時に血が出る
  2. 朝起きた時に口の中がネバネバする。
  3. 口臭が気になる。
  4. 歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目が赤黒い腫れがある。
  5. 歯と歯の間にすき間ができた、または出っ歯になった気がする。
  6. 歯が長くなったような気がする。
  7. 硬いものが咬みにくい。歯が揺れる。

  などがあります。

歯周病の進んだ歯ぐき
で、問題なのは、たいてい激しい痛みがないので ひどくなるまで本人が気づかないことです。
そのため、痛みや不快症状を認識する頃にはかなり重症化して手遅れになることが多いです。
 定期的なチェックと専門家による治療およびケア、そして家庭での効果のあるセルフケアが重要です。
歯周病は気づかぬうちに歯を支える組織が痩せて食事や見栄えに影響を及ぼします
歯周病は気づかぬうちに歯を支える組織が痩せて
食事や見栄えに影響を及ぼします

自覚できるくらいひどくなる前に、一気に歯を失う前に、早めの対処をすることがカギといえます。

極力切らない、抜かない・・・
デンタルクリニック東陽台の歯周病治療の特徴
調査によると、99%以上の人が1日1回以上歯磨きしているにもかかわらず、成人の8割は歯周病です(厚労省調べ)。つまり、
今までの方法では 期待する効果は得られにくい
歯周病により効果的な、そして適切なブラッシングの習得が重要です。

当院では、岡山大学歯学部予防歯科で開発され、効果を挙げている、「つまようじ法ブラッシング」による歯周病治療・予防を推奨し、実践しています。歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目をブラッシングすることにより歯ぐきへのマッサージ効果が得られ、歯周治療や予防、口臭の改善などの効果が得られます。

そして何よりも、「お口の中がスッキリした」「こんなに歯のツルツル感を味わったのは初めてだ」と好評です。

そして、治療の効果ですが、

歯周治療+その後の維持・管理によって
6年後、歯の喪失が半分以下に減ります。
>歯周病に効果的な「つまようじ法ブラッシング」
その他各自のお口の状況に合わせた清掃方法、清掃器具のご紹介もしております。

  また、再発予防のため2~4ヶ月をめどに定期的な歯周検査・お口のクリーニング(歯周メンテナンスオーラルエステ)をお勧めしています。お口を爽やかに保てるのはもちろんのこと、歯をいつまでも大切に保つ事が出来ます。

まだ間に合います 始めましょう 歯周病治療
当院では、歯周病の治療・予防を以下のように進めております。
歯周病治療フローチャート
将来を見据えた、歯の寿命を延ばすための処置・アドバイスをさせていただきます。